バッテリーの持ちの悪さから、Iphone修理へ

Iphone修理に出そうと思ったきっかけは、バッテリーの持ちが悪くなっていることでした。
今まで100%充電していると一日持っていたのが、気づけば半日しか持たなくなっていました。
それよりも早く、使ってもいないのにバッテリーが減っていることが何度もあり、色々調べた末、Iphone修理に出しました。
それ以外の機能は正常に動いており、タップしても反応が悪いということもありません。
ただ単に、問題だったのはバッテリーだけだったので、使えるのに買い換えるのは、もったいなかったということはありました。
Iphone修理に出したことで、新しいバッテリーに替えてもらいました。
すると、やっぱり新しいバッテリーになったことで、持ちが最初の頃と同じようになり、外出する度にバッテリーのパーセンテージを気にすることが少なくなりました。
案外これがストレスだったのですが、それも無くなり、今では快適にIphoneを使っています。